小学生の子どもの宿題(教科書の音読)

昨日、小学生の子どもの宿題で国語の教科書の音読を聞いたのですが、内容をすべて覚えているわけではないのですが、ユニセフの活動に関するものが印象に残りました。

現在でも開発途上国と呼ばれている国々では、1年間に630万人もの子どもたちが5歳になる前に命を落としています。これは1日に約1万7,000人、およそ5秒にひとりの割合で、原因は病気や栄養不良によるものがほとんどのようです。

その病気にはポリオ(小児麻痺)も含まれます。我が社でも本社で、従来よりエコキャップ運動(ゴミとして捨てられているペットボトル飲料のキャップを回収して、その売却益を開発途上国の子どもたちへのワクチンとして贈る運動)を行っております。ポリオは予防接種をすればかからないようなので、これからもわずかながらですがこの運動を行っていきたいと思います。

赤いローソン

今朝、会社の玄関を掃除していたら、親子連れ(お母さんと息子さん)に『この辺りにある”赤いローソン”を教えていただけないでしょうか?』と聞かれました。

当社はマツダスタジアムのすぐ近くにあって、その”赤いローソン”も近くに2か所あり、『1つはさっき行ったんですけど、もう1か所はどこでしょう?』ということでした。

マツダスタジアムで試合のある日の前になると、これから観戦に行く人たちでごった返します。

普段、あまりにも近くにあって何とも思わない私たちですが、遠方にいらっしゃるカープファンにとっては、ここは聖地なんですかね。

母校の学食

昨日、私の母校である広島市内の大学に行ってきました。

キャリアセンターを訪問するという用事も終わり、ちょうど昼時だったので、久しぶりに
学生食堂でお昼ご飯を食べることにしました。

私が食べたのは、このラーメンとチャーハンのセットです。
↓ これで400円というのは安くないですか?

 

 

 

 

 

 

と思うのも、私が社会人になってもう何十年も経つからであって、自分が学生のときには、 昼食で400円も出すのはあまりなかったでしょうね~

CS初出場おめでとう!!

やりましたーー!
広島東洋カープクライマックスシリーズに初出場!!

しかも、16年ぶりのAクラス確定です!

我が社はマツダスタジアムのすぐそばにあり、試合のある日には歓声も聞こえます。
社員にも熱狂的なファンが多く、観戦するための立地条件には申し分ありません。

残念ながら3位でのCS出場のため、今回はマツダスタジアムでのファースト
ステージの試合はありませんが、甲子園球場に向けて応援します。

がんばれ、カープ!!

 

 

エコキャップ運動(2013年)

 昨年に引き続き、エコキャップ運動を行っております。エコキャップ運動とは、ゴミとして捨てられているペットボトル飲料のキャップを回収して、その売却益を発展途上国の子どもたちへのワクチンとして贈る運動です。

 キャップ400個で10円。ポリオワクチン1人分が20円。つまりキャップ800個で1人の命が救えます。

 発展途上国では、1日に6,000人分ものワクチンさえあれば救えた子どもの命が失われています。今まではゴミとして扱われていたキャップで子どもたちの命を救うことができます。また、キャップを分別回収してリサイクルすることにより、焼却で発生するCo2を抑制できます。

 エコキャップ運動は、キャップを捨てずに集めるだけで子どもの命を救えて、しかも地球温暖化にも貢献できるという、とても素晴らしい運動です。

 8月29日、スーパーの袋で3袋分のキャップを広島市内の回収業者さんに持ち込み、エコキャップ推進協会の方へ送っていただくようにしました。

 回収業者さんのところで量ってもらうと、今回持ち込んだ量は3.8kgありました。個数に換算するとおよそ1,634個ぐらいで、1.9人分のワクチンに相当します。この運動を始めてからの累計収集量は、9.5kg・3,930個・4.8人分相当のワクチン、となりました。

 また本日(9月3日)、エコキャップ推進協会より受領書が届きました。これからも引き続き集めていきたいと思います。